フリーランスに多い職種

近年耳にすることが多くなったフリーランスという働き方ですが、働ける職種は限られています。

例えば、コンビニの店員などはフリーランスで働くことはできません。

基本的には専門職の職種といえます。もう少し具体的にいいますと、デザイナーとかエンジニアなど一定の技術力を持っていることが必須条件です。


フリーランスが仕事をするのはあくまで個人として請け負う形式になりますので、言い方を変えるなら下請けということもできます。

言葉の響きは悪いですが、それが実態です。

企業と個人が契約で成り立っている関係です。

ですから支払われるお金は賃金ではありませんので自分で税金を計算することが必要になってきます。

具体的な職種を紹介しますと、デザイン関係ではホームページなどを作成するウェブデザイナー、カタログやポスターやチラシなどを作成するグラフィックデザイナー、イラストレーターなどがあります。

いうまでもありませんが、勉強をしていない人では絶対にできない職種です。次にIT関連の仕事が多くあります。効率を求めている企業にシステムの企画や設計などを提案するシステムエンジニア、ソフトを実際に動くようにするプログラマーなどですが、こられは日々の進歩が早いですので常にアンテナを張り巡らせるなど意識が高くなければできない職種です。
次にあげられるのはライターといわれる職種です。



これもIT関連ですが、ウェブサイトやメールマガジンなどを作成するのに欠かせない職種です。



いわゆるコラムニストや記者などが一般的に知られています。